専門的な診療

日本スポーツ視覚研究会

 スポーツを楽しむためにも上達するためにも眼が重要だと言うことに異論を挟む方は殆どいないでしょう。極めて高速の物体の位置、速度、方角を認識し、奥行き感を把握しつつ対象物をとらえ、脳で情報を処理して物体の位置を予測、あるいは身体の調整を決定し、最終的に脳の判断に沿うように身体運動をコントロールする一連の流れは極めて複雑です。見ることに関心を持つきっかけとしてスポーツは入りやすいものですが、そこで出会うことは見るとは何か、見えるとは何か、見えた情報はいかに処理されているかなどのことです。これはすなわち認知の分野であり、医学、生理学、大脳生理学、心理学、心理物理学など多領域での研究が行われています。
 現在の「スポーツと視覚」との関係についての認識は定まっているというよりもむしろ混沌としている状況で、現場のアスリートや指導者にも混乱が起こっています。この会は様々な分野の方々に門戸を開き、多くの考え方や研究をされている方々と科学的な「スポーツと視覚」との関係を検討することと、アスリートに対して正しい知識の啓蒙を行うことを目的として作られました。
 自由な雰囲気の中で学んでいき、より確かな「スポーツと視覚」の知識の情報を、世の中へ発信できることを願っています。

     日本スポーツ視覚研究会        代表 松原 正男


事務局より
 研究会の会員は眼科専門医、視能訓練士、大学眼科教授、視覚心理学者、体育関係者、各種スポーツ団体のトレーナー、国立スポーツ科学センター研究員など様々な分野の専門家の方々です。このような専門家の先生方がそれぞれの見地から、スポーツと視覚についての活発な意見交換を行っています。
 研究会にご興味のある方、参加を希望する方は、事務局のえだがわ眼科クリニックにご連絡ください。

過去の研究会

第1回 2004年11月13日(土)   東京 Sun-mi高松
 演題1 原 直人 神奈川歯科大学眼科教授
          3Dスポーツビジョントレーニング機器の欠点について

第2回 2008年10月23日(木)   東京 Sun-mi高松
 演題1 松原正男 東京女子医大東医療センター眼科教授
          スポーツと眼
 演題2 原 直人 神奈川歯科大学眼科教授
          スポーツビジョンからみた近点反応の適応

第3回 2010年5月15日 国立スポーツ科学センター・カンファレンスルームA
 演題1 森周司 九州大学大学院システム情報科学研究院情報学部知能科学講座教授
        スポーツにおける視覚 -認知科学の立場からー
 演題2 田嶋幸三 日本サッカー協会専務理事
        サッカーにおけるスポーツ視覚の重要性

第4回 2012年 8月25日 国立スポーツ科学センター・カンファレンスルームA
 演題1 仲泊 聡 国立障害者リハビリテーションセンター病院 第二診療部長
        視覚情報処理の3大経路
 演題2 田上雄一 神戸百年記念病院眼科医師
        日本のプロ野球選手102名の屈折・動体視力・および利き目に関する研究
 演題3 オークリー・ジャパン
        スポーツサングラスの重要性について

第5回 2013年8月24日 国立スポーツ科学センター・カンファレンスルームA
 演題1 樋口 貴広 首都大学東京人間健康科学研究科 准教授
        移動行動の視覚運動制御
 演題2 トビーテクノロジー・ジャパン株式会社
        眼球運動測定機器の説明
 演題3 原直人 神奈川歯科大学付属横浜クリニック 眼科学教授
        近見反応からスポーツにおける奥行き知覚を考える

第6回 2014年8月23日 国立スポーツ科学センター・カンファレンスルームA
 演題1 新井田孝裕 国際医療福祉大学 保健医療学部 視機能療法学科長・教授
        眼優位性(利き眼、優位眼)の機能的役割
 演題2 山田光穂 東海大学情報通信学部情報メディア学科教授
        眼球運動と人の行動解析
 演題3 中本浩揮 鹿屋体育大学体育学部・講師
        動きを「みる」の熟達

  

第7回 2015年8月22日 国立スポーツ科学センターカンファレンスルームA
 講演1 半田 知也 北里大学医療衛生学部視覚機能療法学准教授
            利き眼の整え方―視能矯正学的アプローチ

 講演2 加藤 貴昭 慶応義塾大学環境情報学部准教授
            熟練者スポーツ競技者の眼球運動

  

第8回 2016年8月27日 国立スポーツ科学センターカンファレンスルームA
 講演1 川守田 拓志 北里大学医療衛生学部視覚機能療法学准教授
        眼球光学特性から考えるスポーツ視覚

 講演2 國分雅大 筑波大学体育系助教
        運動パフォーマンスの遂行における両眼眼球運動の貢献

 演題1 緒方貴浩 帝京大学医療技術部スポーツ医療学科助教
        サービスコース予測事態における知覚と行為の結合に関する検討

 演題2 菅沼美由起他 東海大学大学院情報通信学研究科
        野球における新たな視線測定の提案

 演題3 庄司治子他 北里大学院医療系研究科視覚情報科学
        タブレット型視能訓練装置による眼優位性の変化について
        ミニシンポジウム 「サッカーレフェリーのフィジカルと視覚」
        山岸貴司 日本サッカー協会レフェリーフィジカルコーチ

リンク